Ustream大賞2015にエントリー「さいばば食堂」…蔵出し映像に登場してマス

熊本から月2回、今は第1・第3火曜日の20:30から配信されてるUstream番組「さいばば食堂」。2014年8月に出演したときの蔵出し映像が、今日から公開されてるノダ。「小泉八雲と熊本」って本篇のテーマの流れで、ワタクシがやってきたへるんさんモノのデザインのおはなしをしてる10分ちょいの映像でござい。

さいばば食堂 第5夜 ベツバラ

「さいばば食堂」は、あした1/8まで投票受付してるUstream大賞2015にエントリーしてるノダ。メイル・アドレスがあれば誰でも投票できるノダ。ワタクシの出演回はさておいても(^_^; 東京渋谷に日曜おひるの喫茶室(NHK-FMの「日曜喫茶室」ね)あれば、熊本にゃ火曜の夜の食堂ありって感じで、さいば支配人ほかレギュラー陣と、主に熊本ゆかりのお客さんが、幅広いテーマで落ちついたふんいきでおはなししてるんで、気に入った回があったら投票しちゃってちょ♪

「アーカイブ」からこれまでの配信映像が見られるノダ。

さいばば食堂

すべての回じゃないけど、YouTubeにもこれまでの映像があるノダ。

さいばーとれいん

Ustream大賞2015

出演直後の記事↓

熊本発のUstream番組「さいばば食堂」に出演しました | 石川陽春 – ISHIKAWA Kiyoharu

田村のり子さんの詩集『ヘルンさんがやってきた』

SNSじゃかねて予告してたノダけど、はじめてデザインした詩集が年末に出たノダ。ワタクシが常任理事を務めている八雲会の新刊、田村のり子さんの詩集『ヘルンさんがやってきた』(八雲会、2015年)でござい。

田村さんは山陰詩人クラブの代表を長らくつとめた松江にお住まいの詩人で、八雲会の理事でもあるノダ。ヘルンさんこと小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)来日100年だった1990年に『ヘルンさん』(山陰詩人クラブ、1990年)っていう八雲をテーマにした詩集を出してて、今回の『ヘルンさんがやってきた』はいわばその第2弾。新作旧作あわせて46篇がおさまってるノダ。

Behanceにものっけてあるけど↓ こっちでもちょいと紹介しとこっかニャ。

Herun-san ga Yattekita ヘルンさんがやってきた

ジャケットの絵は、八雲といっしょに来日した挿絵画家が描いた八雲のうしろ姿。よく知られた絵ナノダけど、「やってきた」って感じを出すにはウッテツケ。詩にも描かれる宍道湖の夕日を思わせる、赤と青のグラデイションを背景に敷いたノダ。

用紙は基本的に「へるんさんの旅文庫」シリーズ共通のものを使ってるのだけど、見返し、扉、口絵はちがうモノ。見返しは、「少し雅致あるものを」って田村さんのご希望に、宍道湖の湖面のイメイジを重ねて、「OKフェザーワルツ 水」を選んだノダ(銘柄が「水」っていうから決めたワケじゃなくて、結果的にコレにしたノダ)。

2015-12-25 16.37.24-1

扉と口絵は「Nプレミアムステージ ピュアホワイト」でそろえてござい。口絵ってゆーとテカテカのコート紙が使われるのをよく見かけるノダけど、今回の本では図版の面積が少ないんで、だったら詩への導入部として本文用紙との連続感を出そうと、マットな紙にしたノダ。

2016-01-04 23.56.31-1

文字組みでは、ふだん1字ごとの高さに応じて文字と文字の間詰める「詰め組み」にすることが多いワタクシ。今回は改行位置や1字アケなど作者の意図をそのまま反映させるために、1字の高さを均等にする「ベタ組み」にしたノダ。ワレながら気持ちよく組めたノダ♪ ワタクシのデザインで文字組みを特にたのしんでくれてるヒトにゃ、大いに見てほしいニャ。

2015-12-25 16.37.00-1

『ヘルンさんがやってきた』は、今んとこ八雲会事務局だけで取り扱ってるノダ。頒価1,500円、八雲会の会員は1,200円(+送料)でござい。

詩集 ヘルンさんがやってきた(へるんさんの旅文庫 2) | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰

1/3最終日、小泉八雲記念館「ラフカディオ・ハーンとアイルランド」展

このところ新作紹介その他告知はBehance/ProSiteやSNSではたいていやってたノダけど、このサイトだけ忘れてしまうことがつづいてもーて(汗)。その中のひとつが松江の小泉八雲記念館の企画展「ラフカディオ・ハーンとアイルランド:記憶のはじまり」。パンフレット、ポスター、展示パネル、キャプションのデザインをしたノダけど、これ明日1/3(日)で最終日でござい。

今回の企画展、展示品が少ないってことで、パネルの比重がおっきくて、企画展示室の壁ほぼ全面をパネルがおおってるノダ。ハーンのアイルランドで過ごした少年時代の年譜、関連作品や手紙の引用、関連人物の紹介を中心にした、情報量たっぷりの中身ナノダ。三が日のしめくくり、お近くの方は出かけてやってちょ♪

Lafcadio Hean & Ireland ラフカディオ・ハーンとアイルランド

企画展「ラフカディオ・ハーンとアイルランド:記憶のはじまり」 (Lafcadio Hearn & Ireland: The Beginning of Memory) | 小泉八雲記念館 Lafcadio Hearn Memorial Museum

で、このあと記念館はリニューアルの工事で7/15(金)までの予定で休館するんで、2009年からつづいた今の企画展示室でのお仕事はこれでおしまいししまい。はたしてワタクシはリニューアル後の記念館に戻ってくるのかニャ?!

第一次八雲会100年、第二次八雲会50年、小泉八雲×石川陽春10年

明日の7月4日(土)、ワタクシが常任理事を務める八雲会「八雲の記憶、百年の継承。」なるイベントやります。13:00から松江市総合文化センターの大会議室、いわゆる「プラバの2階」「図書館の2階」でござんす。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)を顕彰しましょってことで、松江にはじめて八雲会を名乗る団体(第一次八雲会)が作られて100年、今の八雲会(第二次八雲会)ができてからは50年。その記念に講演会とシンポジウムをするワケで。

八雲会創立100年記念講演会・シンポジウム「八雲の記憶、百年の継承。」 | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰

その中で、八雲会の小泉八雲関連イベントのポスターコレクションも展示します。よーするに、ワタクシがデザインしたモノも、八雲会の事業や、小泉八雲記念館の企画展を中心に出るハズなんで、ひとつ見てやってくださいまし。

……ここまでは前々から決まってたんですが、ついおとといのこと、せっかくなんでワタクシがデザインした八雲関連のポスター以外のあれこれもいっしょに並べてもらうことになって、にわかに石川陽春デザイン展の横顔も見えてきたって次第。ほとんどはクリアファイルに入れてパラパラめくって見るかたちにゃなるんですが、持ち込めるほとんどのモノは用意しましたんで、ちょっとした回顧展の分量にゃなるかと。気がつきゃ10年分たまってましたわいな。開会前や休憩時間にでも見てやっておくれやす(ペコリ)。

7/4の八雲会創立100年記念「八雲の記憶、百年の継承。」での小泉八雲関連イベントポスター展に、ワタクシがデザインしたポスター以外の小泉八雲モノも展示することに。気がつきゃ10年分ありやした。 http://yakumokai.org/10671 #八雲会100年

Posted by 石川陽春デザインワークス on 2015年7月2日

そんな小泉八雲×石川陽春10年記念(笑)の新作発表も、実はこの場でやりマス。当日来場者に配付するパンフレットと、ちょっとした記念品でござい。↓でチラ見せ。実物は明日、手にとってみてちょ♪

あしたの八雲会創立100年記念講演会・シンポジウム「八雲の記憶、百年の継承。」来場者向けにこんなん用意してマス。 #八雲会100年 http://yakumokai.org/10671

Posted by 石川陽春デザインワークス on 2015年7月3日

松田美緒ライブ「クレオール・ニッポン:うたの記憶を旅する」松江公演

年度末にいろいろ新作が出ていますが、優先順位が最も高いものをごあんなーい。だって明日が本番なモンで(大汗)。

明日4月7日(火)松江のSTICビルで開催する歌手・松田美緒さんのライブ、チラシのデザインを担当しました。

Matsuda Mio Live in Matsue 松田美緒ライブ「クレオール・ニッポン」

このライブ、主催は写真家・高嶋敏展さんが代表を務めるどこでもミュージアム研究所、共催は山陰日本アイルランド協会、後援は八雲会。ここでワタクシが出ないでどーするノダってゆーなりゆきでデザインすることになりました(笑)。

CDブック『クレオール・ニッポン:うたの記憶を旅する』発売記念のライブということで、同書で使われている書体に出発点を置き、使用写真にあわせて独自に発展させたデザインです。実際に印刷した縦置き版と、webのみで出回っている横置き版の2種類があります。

ライブの最新情報は、高嶋さんが作ったFacebookイベントで御確認ください。高嶋さんに電話しておけば、今からでも前売料金でチケットが買えるとか、ナニやらゆかいなカフェが出店するとか、話題豊富です。

松田美緒ライブ (クレオール・ニッポン 歌の記憶を旅する)小泉八雲没後111年記念事業 | Facebook

島根広告賞作品展示に“日本初公開”ギリシャの「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン」を出展

冬の恒例、島根広告賞の作品展示。ここ10年くらい毎年出展してますが、今年出すのはコレ。

ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」のポスター、パンフレット、配付資料一式を収めるためのフォルダー、会場に掲げられたバナーなどです。すべてギリシャで出回ったものですので、“日本初公開”と言っていいでしょーね。

The Open Mind of Lafcadio Hearn

また、この年末にまとまった事業報告書と、シンポジウムの論集 Proceedings: International Symposium on “The Open Mind of Lafcadio Hearn: From the West to the East” も、パネルに仕立てる時間がなかったのでフォルダーにコッソリしのばせてあります(笑)。

事業報告書だけは日本語と一部英語の併記ですが、そのほかは英語またはギリシャ語です。展示会場で浮きまくることウケアイです(笑)。どうぞ見てやってください。

28日(水)から2月2日(月)まで。会場は毎年おなじみ島根県立美術館ギャラリー(松江市)です。

お出かけの際は、ワタクシがデザインしました企画展「川端康成と東山魁夷」のポスターをチェックして、チラシを拾って、ついでに前売券もお求めくださんし。↓Behanceにポスターのっけました。チラシやチケットもそのウチ紹介します。

Kawabata & Higashiyama Exhibition 川端康成と東山魁夷

松江の上映会「竹に驚く日」と「アイリッシュ・フィルム・デー」

松江で開催されるふたつの上映会で、印刷物のデザインをしました。

「竹に驚く日」
「竹に驚く日」
「アイリッシュ・フィルム・デー:心あたたまるアイルランドの一日」
「アイリッシュ・フィルム・デー:心あたたまるアイルランドの一日」

続きを読む →

島根県立美術館で「川端康成と東山魁夷」展ポスターほか、年明け早々オヒロメかも?!

あけましておめっとさんでございます。メズらしく2日連続で投稿しますので「昨日はどもども」って気分マンサイでございますが(笑)本年もどーぞよろしくお願いいたしやす(ペコリ)。

年末にやってた仕事のひとつが、3月20日から始まる島根県立美術館の企画展「川端康成と東山魁夷:巨匠が愛した美の世界」の印刷物だったんですが、今年の開館初日となる明日2日から、館内ではポスターが掲出されるハズです。もしかしたらチラシか特別割引券も出回るカモしれません。もしそれらしいモノが見つかりましたら、よー見たり、ひろったりしてやってください。

↓はひと足先に出回ってるナゾのナンチャッテ新聞。これもデザインしてマス。

島根県立美術館「川端康成と東山魁夷」展の先行チラシ
島根県立美術館「川端康成と東山魁夷」展の先行チラシ

Behanceにはまだナンチャッテ新聞しか載せてませんが、後日ポスターやらナンやらも追加して御紹介します。

Kawabata & Higashiyama Exhibition 川端康成と東山魁夷

よいお年を

島根県立美術館「川端康成と東山魁夷」展の先行チラシ

気がつけば2014年の大味噌…じゃなくて大晦日でございます(汗)。SNSで出してる各種告知がサイトにちゃんと反映していなく面目ない次第でございます。年明けてから小出しにしていきますが、予告を兼ねて貼り付けだけしておきますね。よいお年をお迎えください。

Kawabata & Higashiyama Exhibition 川端康成と東山魁夷

Films program featuring “Take” (bamboo) 竹に驚く日

Irish Film Day in Matsue, Japan アイリッシュ・フィルム・デー

Fragemnts: Takashima Photo Exhibition フラグメンツ:高嶋敏展写真展

café A.oryzae カフェ・オリゼ

The Open Mind of Lafcadio Hearn

ブレンダン・オキャロル(伊達淳訳)『チズラーズ』『グラニー』の新しい帯とブックレット

ブレンダン・オキャロル(伊達淳訳)『チズラーズ』『グラニー』の新しい帯とブックレット

現代アイルランドの作家、ブレンダン・オキャロル(伊達淳訳)『チズラーズ』『グラニー』恵光社)の新しい帯と、購入者特典のブックレットをデザインしました。帯とブックレットの文は、ミュージシャンの浜田真理子さん。今日見本が届きましたので、Behance、ProSite、Facebookページに、写真と基本データのみですが、さっそく載せました。

O’Caroll, The Chisellers and The Granny (Japanese)

O’Caroll, The Chisellers and The Granny (Japanese)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。