ドキュメンタリー映画《森聞き》出雲市佐田町で上映会とトークショー

ドキュメンタリー映画《森聞き》島根上映会ポスター(2011年)

柴田昌平監督のドキュメンタリー映画《森聞き》(2010年)の島根県内での上映会用に、デザインしたポスターとチラシ。その後も数年に1度は出番がありまっせ(=´∀`)
てなワケで、こんどの日よーび出雲市佐田町で上映と監督のトークショーでござい。

2/18/日 9:30
スサノオホール(島根県出雲市佐田町)
一般1,000円 高校生以下500円
https://susanoo-kaze.jp/publics/index/180/
[作品情報]
http://www.asia-documentary.com/morikiki/

その他の図版は、BahanceとAdobe Portfolioで↓

NHK BS『バラカンが見た出雲』に登場、松江ゴーストツアーのスタッフ用ブルゾン

おやすみ前にハタと思い出したノダけど、今日深夜1:23放送のNHK BS『バラカンが見た出雲』にゃ、へるんさん(小泉八雲、ラフカディオ・ハーン)の怪談ゆかりの地をめぐる「a href=”https://www.behance.net/gallery/7884059/Lafcadio-Hearns-Matsue-Ghost-Tour-“>松江ゴーストツアー」の語り部さんが、ピーター・バラカンさんに怪談を語って聴かせる場面があるノダ。

語り部さん、ワタクシがプリント部分をデザインした、ゴーストツアーのスタッフ用ブルゾンを着て登場するんで、そこんトコもちゅーもくしてやってちょ(=´∀`)

番組は国際放送のNHK WORLD-JAPANで先に放送されて、NHKのサイトで全編見られるよーになってるんで、衛星放送の視聴環境がないヒトは
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/3025035/
で見ておくれやす〜。

「松江ゴーストツアー」ブルゾン 正面(2022年)
「松江ゴーストツアー」ブルゾン 背面(2022年)

2023年度の石見銀山領33か所巡り復活歴史連続講演会チラシ

イベントチラシパンフレットなど、いろんな形でかかわってきた石見銀山領33か所巡り関連のおしごと。2023年度は、旧石見銀山領内の4市町で開催されてきた歴史連続講演会のチラシのデザインを担当しましてござい。講演会は年間通して戦国時代がテーマになってるこれまで3回が終わって、2/25の今年度最後の講演会のチラシが出回ってる今日コノゴロ。チラシ4点まとめてごしょーかいするノダ。

石見銀山領33か所巡り復活歴史連続講演会 part 4 川本町「戦国武将の山城と文化」チラシ
石見銀山領33か所巡り復活歴史連続講演会 part 3 美郷町「戦国時代からの歴史を語る樹木」チラシ
石見銀山領33か所巡り復活歴史連続講演会 part 2 江津市「戦国武将の信仰」チラシ
石見銀山領33か所巡り復活歴史連続講演会 part 1 大田市「戦国武将と巡礼、銀山領の仏像」チラシ

清明の会「語り三語句師—日本人は神様に何を託してきたのか?」…1/27、神戸・湊川神社で

第1回からたびたびチラシやチケットをデザインしてる日本文化舎の主催事業「清明の会」。約1年1か月ぶりの次回公演は1/27(そーいやワタクシのたんじょーびだニャ)、神戸の湊川神社神能殿での「語り三語句師—日本人は神様に何を託してきたのか?」でござい。

2022年10月に京都の能楽堂嘉祥閣で開催された、源平合戦にちなむ演目で聴き比べる催しにつづいて、ひとつのテーマで能の素謡(井上裕久さん)、落語(桂春蝶さん)、講談(旭堂南歩さん)を楽しむ企画の第2弾ナノダ。

演目のひとつ素謡「高砂」の舞台地・高砂の浦が、神戸とおなじ兵庫県の瀬戸内側にあるってことにちなんで、チラシにゃ高砂の浦の風景を、背景のグラデイションと松の文様で表してるノダ。

「語り三語句師—日本人は神様に何を託してきたのか?」チラシ 表
「語り三語句師—日本人は神様に何を託してきたのか?」チラシ 裏
「語り三語句師—日本人は神様に何を託してきたのか?」チケット

2020年以降の制作実績をBehanceとAdobe Portfolioに追加

長いコト掲載が滞ってた(;´Д`)制作実績を、クリエイター向けSNSのBehanceと、Behanceの投稿データと同期してこしらえることができるポートフォリオ・サイトのAdobe Portfolioに、一挙掲載しましてござい(掲載内容はBehance、Adobe Portfolio共通)。

Behanceの画面
Adobe Portfolioの画面

2020年以降の制作実績を追加したノダ。Behance、Adobe Portofolioとも、トップページにゃ制作年代の新しいモノから古いモノの順番に並べてあるノダ。上から順に数えたら、本記事掲載時点で48件あったノダ(2019年以前から継続中の実績に、新作を追加したものを含む)。未掲載の制作実績を、どんだけためこんでたんだか(@@;)

画像のうち、展示グラフィックの画像は、展示会場で撮影した写真を使ってるけど、それ以外の画像は、基本的にPDFファイルから書き出したデータござい。ホントは紙の質感を見せたい印刷物は写真で紹介したいし、文字による情報も改善の余地があるノダけど、まずは最新作までの情報をまとめて見られるよーにするコトを優先させたノダ。

気がつきゃBehanceとAdobe Portfolioにゃ、(デザインとは関係ないコトしてた)大学院出てから20年分の制作実績をのっけたことになるノダニャ。ザッと見渡すだけでも、ゲエフウが一貫してるトコも変わんないトコも見える気がして、ワレながらキョーミ深いコトになってるノダ。あらためまして、どーぞ見てやっておくれやす<(_ _)>

1/20は山陰日本アイルランド協会のオンライン講座「知られぬ文学者の面影―松江生まれのアイルランド文学者 勝田孝興とその周辺」

山陰日本アイルランド協会主催事業の会員宛はがき最新作。
あした1/20開催のオンライン講座、宮澤文雄さん(島根大学法文学部講師)の「知られぬ文学者の面影―松江生まれのアイルランド文学者 勝田孝興とその周辺」でござい。

ワタクシ山陰日本アイルランド協会の会員を17年してるけど、きょねん宮澤さんにはじめてお目にかかったときに教えられるまで、松江生まれでこーゆーヒトがいるなんて知らんかったノダ。
いつかくわしいお話も聞きたいニャと思ってたんで、おおいに楽しみにしてるノダ♪

「知られぬ文学者の面影―松江生まれのアイルランド文学者 勝田孝興とその周辺」はがき 通信面
「知られぬ文学者の面影―松江生まれのアイルランド文学者 勝田孝興とその周辺」はがき 宛名面
「知られぬ文学者の面影―松江生まれのアイルランド文学者 勝田孝興とその周辺」Facebookカヴァー画像

秋の夜は小泉八雲記念館寄席「柳家さん喬が語る八雲 Vol. 6」

小泉八雲記念館寄席「柳家さん喬が語る八雲 Vol. 6」チラシ

コロナ禍にも負けず、毎年開催されてきた小泉八雲記念館寄席「柳家さん喬が語る八雲」、今年もチラシとポスターをデザインしましてござい。

開催中の企画展「小泉清:その生涯とコレクション展」にちなんで、清さんがおとっつぁんを描いた水彩画《ヘルン像》(同館蔵)にお出まし願ったノダ。

今回は提供画像の画質が粗めだったのを逆手にとって、新聞風の粗い網点のエフェクトを加えてたり、色もモノトーンにしたりしてるノダ。

モノトーンに使った紺青色は、このときまだ着手前だった小泉清展のテーマカラーの候補にあがってたモノ。結局小泉清展はローズグレイに落ちついたノダけど、この落語会の初回から配色の基本にしてきた夜のふんいきにゃ、この紺青色の方があってたかと。

歴代のチラシ、ポスターはBehanceにまとめてあるノダ。

4年ぶり開催…松江怪談談義(松江怪喜宴)のポスターとチラシは赤づくし

4年ぶりの開催、「松江怪喜宴」初日に小泉凡さんと木原浩勝さんが語り合う「松江怪談談義」のポスターとチラシをデザインしましてござい♪

松江怪談談義8 ポスター

今回のテーマは「妖怪と感染症」。コロナ禍で延期に延期を重ねてた企画ナノダ。感染症への警戒の意味をこめた強めの赤と、季節にあわせて秋の夕暮れや紅葉を思わせる柔らかい赤を組み合わせた赤づくし。

もともとは2021年の2月に開催予定で、そのときは同時開催の朗読会「酒林堂八雲」のテーマが「雪女」だったことも重なって、雪の白も強調した配色だったノダ。その色もいつか別の機会にでも世に出したいニャ。

松江怪談談義8 チラシ 表
松江怪談談義8 チラシ 裏

これまでの松江怪談談義、松江怪喜宴でデザインしたあれやこれやは、Behanceにまとめてあるノダ。

小泉八雲記念館「小泉清:その生涯とコレクション展」と、焼津に巡回「怪談:ラフカディオ・ハーンとの邂逅」

きのうはじまった小泉八雲記念館の「小泉清:その生涯とコレクション展」のポスター、チラシ、展示グラフィックなどなど、デザインしてまっせ。

洋画家だったへるんさん(小泉八雲、ラフカディオ・ハーン)の三男の小さな回顧展でござい。初公開のモノをふくむ館蔵の油彩画や水彩画のほか、島根県立美術館、早稲田大学會津八一記念博物館、新潟市會津八一記念館、池田記念美術館からも、遺品や手紙が集まってるノダ。

ポスターやチラシは、館蔵の大作《海》をトリミングして、できるだけおっきなサイズで見せてるノダ。あんまりトリミングしすぎると、海に見えなくなって、荒々しい筆致しか目に入らなくなっちゃうんで、その加減がムズかしかったニャ。

小泉八雲記念館の「小泉清:その生涯とコレクション展」ポスター
小泉八雲記念館の「小泉清:その生涯とコレクション展」チラシ ウラ面
小泉八雲記念館の「小泉清:その生涯とコレクション展」招待券

関連イベントのチラシもデザインしてるノダ。あわせてよろしゅー。

小泉八雲記念館の「小泉清を憶う秋の音楽會」チラシ
小泉八雲記念館の「旧居にてバッハを奏でる」チラシ
小泉八雲記念館の「小泉清の画業とその絵の魅力」チラシ

あたしゃまだ会場に行けてないんで、展示グラフィックは小泉八雲記念館のSNSにのってる写真からごしょーかい。

先月まで開催されてたアイルランド・日本交流美術展「怪談:ラフカディオ・ハーンとの邂逅」は、静岡県焼津市の焼津小泉八雲記念館に巡回。松江につづいてポスターとチラシのデザインを担当しましてござい。松江版とは文字情報とポスターの紙の厚さだけがちがうノダ。

焼津小泉八雲記念館のアイルランド・日本交流美術展「怪談:ラフカディオ・ハーンとの邂逅」ポスター
焼津小泉八雲記念館のアイルランド・日本交流美術展「怪談:ラフカディオ・ハーンとの邂逅」チラシ ウラ面

帰ってきた出雲大社秋の骨董市

出雲大社秋の骨董市(2023年) チラシ

出雲大社教秋季祖霊社大祭にあわせて開催されてる秋の骨董市、コロナ禍での中断から4年ぶりに帰ってきたノダ。
2017年から担当してる歴代チラシをまとめてごしょーかい↓

出雲大社秋の骨董市(2019年) チラシ
出雲大社秋の骨董市(2018年) チラシ
出雲大社秋の骨董市(2017年) チラシ

Behanceにゃ、出雲大社の大祭礼にあわせて開催される春の骨董市のチラシとあわせてのっけてあるノダ。