大社・手錢記念館の2019年度ポスターとチラシ

ポスター

テンテキタヌキですっかり出しそこねてたノダけど(^_^;)、ことしもデザインしましてござい、大社の手錢記念館の2019年度企画展のポスターとチラシナノダ(・∀・)

きょねんNHK『日曜美術館』 の「外国人を魅了する日本の美術館」でも紹介された《三十六歌仙画帖》をのっけてるノダ。土佐派の絵師が描いた肖像画と、江戸時代前期の公家衆の筆による和歌が交互に出てくるノダ。

パッと赤くてまるいのは、中国・明代ごろの漆器《堆朱はしか彫松下人物文菊形喰籠》で、こまかーい彫りものが見どころナノダ。

チラシは今年も三つ折り可能

↓Behanceにゃ、歴代のポスターとチラシをまとめてしょーかい。

Tezen Museum 藏の美術館 手錢記念館

藏の美術館 手錢記念館2013年-広告主:手錢記念館デザイン:石川陽春印刷:渡部印刷株式会社Tezen Museum, Izumo, Japan2013-design: ISHIKAWA Kiyoharuprinting: Watanabe Printing Co., Ltd.

きょうはたんじょーび

……ことしもブジにハタチ前になりやした(ヲイ)。

気分はまぁあいかわらずそんなトコでござんすが、きょう出かけた大社で見かけた、高さ23mの大鳥居は、去年が築100年だったそーで、それにくらべりゃワタクシなんざ、自分でハタチ前なんて言わなくなってマダマダこれからじゃないかいと、ナゼだかあらたまった気分になったのでござい(^_^; 鳥居は現況調査ってのをやってて、それで足場が組んであるノダ。

たまたまきょうはあたらしいおしごとの話もいただいたノダ。このとしになると、これもたんじょーびプレゼントみたいなモンだニャ。春にゃ世に出せる予定でござい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。