ちょとつもったぞよ

うっすらとだけど、この冬はじめて本腰はいったつもり方。 きょうは手にとる時間なかったけど、ここ数年、雪の日にちょびっとずつ読み進めてる『北越雪譜』。200年前の越後のひと鈴木牧之が想定した「暖国」の読者になって、雪国のく...