あけましておめっとさん(仮)

……「(仮)」ってナンやねん(ヲイ)。

あけましておめっとさんでございます。気がつけば半年ぶりの更新っちゅーことに大汗かく元日。
今のサイトになってから、今ひとつ更新する習慣が身についてなかったんで、今年はナンとかしよーかと思ってるトコでござい。

「(仮)」ってのは、よーするに年賀状のデザインがこれからっちゅーことナノダ。近年はがきで出すのはお返しだけで、あとはサイトにのっける画像に替えてしもーてて、去年はそれもできずにいるノダけど、今年は近年のやり方だけでもやろうってことで、年あらたまってやって動き出したノダ。

ワタクシの年賀状は、よく古典文学からこの季節に合いそーな一節をのっけることが多いんで、目下引用さがしまっさかり。たぶん週明けになると思うけど、ボチボチ待ってやっておくんなせぇ(ペコリ)。

第一次八雲会100年、第二次八雲会50年、小泉八雲×石川陽春10年

明日の7月4日(土)、ワタクシが常任理事を務める八雲会「八雲の記憶、百年の継承。」なるイベントやります。13:00から松江市総合文化センターの大会議室、いわゆる「プラバの2階」「図書館の2階」でござんす。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)を顕彰しましょってことで、松江にはじめて八雲会を名乗る団体(第一次八雲会)が作られて100年、今の八雲会(第二次八雲会)ができてからは50年。その記念に講演会とシンポジウムをするワケで。

八雲会創立100年記念講演会・シンポジウム「八雲の記憶、百年の継承。」 | 八雲会 | The Hearn Society:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究・顕彰

その中で、八雲会の小泉八雲関連イベントのポスターコレクションも展示します。よーするに、ワタクシがデザインしたモノも、八雲会の事業や、小泉八雲記念館の企画展を中心に出るハズなんで、ひとつ見てやってくださいまし。

……ここまでは前々から決まってたんですが、ついおとといのこと、せっかくなんでワタクシがデザインした八雲関連のポスター以外のあれこれもいっしょに並べてもらうことになって、にわかに石川陽春デザイン展の横顔も見えてきたって次第。ほとんどはクリアファイルに入れてパラパラめくって見るかたちにゃなるんですが、持ち込めるほとんどのモノは用意しましたんで、ちょっとした回顧展の分量にゃなるかと。気がつきゃ10年分たまってましたわいな。開会前や休憩時間にでも見てやっておくれやす(ペコリ)。

7/4の八雲会創立100年記念「八雲の記憶、百年の継承。」での小泉八雲関連イベントポスター展に、ワタクシがデザインしたポスター以外の小泉八雲モノも展示することに。気がつきゃ10年分ありやした。 http://yakumokai.org/10671 #八雲会100年

Posted by 石川陽春デザインワークス on 2015年7月2日

 
そんな小泉八雲×石川陽春10年記念(笑)の新作発表も、実はこの場でやりマス。当日来場者に配付するパンフレットと、ちょっとした記念品でござい。↓でチラ見せ。実物は明日、手にとってみてちょ♪

あしたの八雲会創立100年記念講演会・シンポジウム「八雲の記憶、百年の継承。」来場者向けにこんなん用意してマス。 #八雲会100年 http://yakumokai.org/10671

Posted by 石川陽春デザインワークス on 2015年7月3日

 

松田美緒ライブ「クレオール・ニッポン:うたの記憶を旅する」松江公演

年度末にいろいろ新作が出ていますが、優先順位が最も高いものをごあんなーい。だって明日が本番なモンで(大汗)。

明日4月7日(火)松江のSTICビルで開催する歌手・松田美緒さんのライブ、チラシのデザインを担当しました。

Matsuda Mio Live in Matsue 松田美緒ライブ「クレオール・ニッポン」

このライブ、主催は写真家・高嶋敏展さんが代表を務めるどこでもミュージアム研究所、共催は山陰日本アイルランド協会、後援は八雲会。ここでワタクシが出ないでどーするノダってゆーなりゆきでデザインすることになりました(笑)。

CDブック『クレオール・ニッポン:うたの記憶を旅する』発売記念のライブということで、同書で使われている書体に出発点を置き、使用写真にあわせて独自に発展させたデザインです。実際に印刷した縦置き版と、webのみで出回っている横置き版の2種類があります。

ライブの最新情報は、高嶋さんが作ったFacebookイベントで御確認ください。高嶋さんに電話しておけば、今からでも前売料金でチケットが買えるとか、ナニやらゆかいなカフェが出店するとか、話題豊富です。

松田美緒ライブ (クレオール・ニッポン 歌の記憶を旅する)小泉八雲没後111年記念事業 | Facebook

島根広告賞作品展示、2月2日まで島根県立美術館で開催中

ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」のあれやこれやを出展している島根広告賞の作品展示の様子です。ナンセ搬入日の午前中にあわててパネルこしらえたモンで(汗)そこらへんは目ェつぶってくらはい(ペコリ)。

会場の島根県立美術館には、3月からの企画展「川端康成と東山魁夷」のポスターやチラシ、特別割引券、そして他館の展覧会のポスターなど、ワタクシがデザインしたモノがいくつかありますので、ついでにさがしてやってくださいまし。

島根広告賞作品展示に“日本初公開”ギリシャの「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン」を出展

冬の恒例、島根広告賞の作品展示。ここ10年くらい毎年出展してますが、今年出すのはコレ。

ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業「オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン:西洋から東洋へ」のポスター、パンフレット、配付資料一式を収めるためのフォルダー、会場に掲げられたバナーなどです。すべてギリシャで出回ったものですので、“日本初公開”と言っていいでしょーね。

The Open Mind of Lafcadio Hearn

また、この年末にまとまった事業報告書と、シンポジウムの論集 Proceedings: International Symposium on “The Open Mind of Lafcadio Hearn: From the West to the East” も、パネルに仕立てる時間がなかったのでフォルダーにコッソリしのばせてあります(笑)。

事業報告書だけは日本語と一部英語の併記ですが、そのほかは英語またはギリシャ語です。展示会場で浮きまくることウケアイです(笑)。どうぞ見てやってください。

28日(水)から2月2日(月)まで。会場は毎年おなじみ島根県立美術館ギャラリー(松江市)です。

お出かけの際は、ワタクシがデザインしました企画展「川端康成と東山魁夷」のポスターをチェックして、チラシを拾って、ついでに前売券もお求めくださんし。↓Behanceにポスターのっけました。チラシやチケットもそのウチ紹介します。

Kawabata & Higashiyama Exhibition 川端康成と東山魁夷

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。